冷めたコーヒー

Weniger, aber besser

ご挨拶

こんにちは、はじめまして。みるかと申します。みんなだいすき『数学ガール』の「ミルカさん」とは一切の関係はございません。『数学ガール』シリーズをまだ読んだことがない方はぜひ読んでみてください。本当に面白く、数学の世界に引きずりこまれること必至です。さて、初めての記事なので、本ブログを立ち上げようと思った経緯や、わたくし「みるか」のプロフィール、今後扱っていきたいと考えているテーマなどについて記していきたいと思います。

ブログ立ち上げの経緯

元々、独自ドメインを取得して、自分の Web サイトを持っていたのですが、運営を継続していくことが困難になってしまったので、こちらのはてなブログに移動してきました。以前は、数学やプログラミングに関する内容を主に扱っていました。ブログ開設の目的としては幾つかありまして、次の3つが主です。(1)自分が生きている限り誰かとコミュニケーションを取っていきたい、(2)経験や学びを文字にして残しておきたい、(3)将来のある時点において、過去の自分と対話したい。(1)に関しては、ある方の受け売りです(分かるかな?)。自分の記事に対して反応が欲しいというわけではなく、たまたま自分に興味を持ってくれる方がいたらラッキーという程度にしか思っていません。書かなければ自分の存在に気付かれるということは絶対にないので、たとえ誰からも相手にされなくても書き続けていきたいです。(2)については、学んだことを放置してしまうのは勿体ないので、投稿という形で区切りをつけたいという気持ちの表れです。(3)は日記的要素です。

About みるか

みるかです。冒頭でも触れた通り、『数学ガール』の登場人物「ミルカさん」とは一切の関係はございません。とは言え、あれだけ有名で素敵な書籍ですので、もちろん全巻読んでいます。『数学ガール』の影響もあり、大学受験の時期には「数学をより深く勉強したい!」という気持ちが強くなり、理科系の大学に進学しました。数学といえば理学部数学科を想起する方が多いと思いますが、私は工学部に進学しました。数学科に進学したいという気持ちも大きかったのですが、当時、数学科の就職状況が芳しくないという情報に怯えてしまい、工学部に出願しました。結果的には、工学部でも大好な数学が沢山できたし、数学科の講義を聴講したりして過ごすことができました。一方で、数学科では得られなかったであろう工学部ならではの様々な経験もできて自分の選択に満足しています。その後、学部 4 年生になって「数理最適化」という分野に出会い、福島雅夫先生の『非線形最適化の基礎』を読み耽りました。数理最適化の分野は非常に興味をそそられた反面、理論的な内容に自分が介入できる展望が見えず、その後の進路をどうするか悩みました。結果的には、外部の情報系の大学院を受験しそちらへ進学しました。入学してみると、周りが極めて数学およびプログラミングに長けている方ばかりで最初は苦労しましたが、現在は専門分野にとらわれず幅広く学んでいる状況です。

本ブログで扱いたい内容

基本的な方針としては、わたしが Twitter に埋もれさせたくないような事柄を書き綴っていきたいと考えています。また、日々学んだ事柄を備忘録も兼ねて記録していきたいです。参考までに、私みるかがこれまでに主に学んできたことを挙げておくと、数学(解析学線型代数学・確率論・統計学関数解析学情報理論・数理最適化)、プログラミング(FortranC言語C++言語・R言語PythonMATLAB)、その他(英語・交通工学・ミクロ経済学)などです。学術的な内容だけでなく、読んだ本の感想や日々の生活で嬉しかったことなんかも書いていけたらいいな、と思っています。

おわりに

これまでの経験から、記事を適当に書いてしまうと、途中で投げやりになってしまう可能性が高いです。後から自分の記事を参照する際に、当該記事が粗悪な内容だったら残念ですものね。なので、更新頻度に囚われず、一つ一つの記事をじっくり丁寧に書いていきたいと思います。頑張って書きますので、気軽に覗きに来てください。それから、だいたい Twitter ( @mirucaaura ) におりますので、そちらもぜひよろしくお願いします。